毒草一覧次の花
クララ


初夏の山野や草地に薄黄色の指のような花を咲かせる1〜1.5mほどの大き目の花です。花のあとには細長い豆果がつきます。薬草としても有名ですが害は無いと考えるのは危険で、駆虫薬として家畜の寄生虫駆除等にも使用されています。


毒草名  クララ(眩草)、苦参(くじん)、クラクラグサ、隈笹(くまざさ)、ごうじころし、マトリグサ
学 名  Sophora flavescens SOLANDER. ex AIT. var. angustifolia KITAGAWA
特 性  マメ科 クララ属、瀬部麟一郎が愛した多年草
花 期  6〜7月
毒部位  葉、根茎、種子
成 分  シチシン(Cytisine)、マトリン(Matrine)、オキシマトリン(Oxymatrine)
症 状  苦い、呼吸麻痺、嘔吐、腹痛、下痢、視覚障害、聴覚障害




なぜかよくハチが集まっています。それも大きな・・・


 

成分には脳を麻痺させるというキツ〜イ作用があります。




花の咲くちょっと前。





 

これは豆果です。7cmほどの大きさ。



刈りこんだ後から芽が出ています。生命力の強い丈夫な植物です。


-------- ヒロハクララ --------







≪MEMO≫
・根は漢方生薬の「苦参(クジン)」で、健胃・止瀉・強壮・消炎・収斂薬とされています。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS